5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

税理士試験・消費税法

426 :一般に公正妥当と認められた名無しさん:04/05/29 21:47 ID:???
なんか重い・・・なかなか書き込めない・・・二重カキコだったらゴメソ

>(2)金銭の預託をすることがゴルフ場を一般の利用者に比して有利な
      条件で継続的に利用する者となるための用件とされている場合の
      預託金3,000,000円

問題分では預託金(返還部分)だから該当しないでいいのでは?
ただ、返還されない預託金があるかは不明だけど、それだったら預託金
としては言わないと思うが。
”預託形式のゴルフ会員権で払込んだ金額3,000,000円”
という言い回しだったら別だけど 。

まあ、ゴルフ場からの購入の場合、返還部分は必ずわかるだろうし、それが
ないと判定ができない。
ゴルフ会員権の売買業者から購入した場合には、預託金部分明らかにして
売買するか不明だがいずれにせよ預託金が解らずとも全額が課税仕入れ
になるのだから、”預託金”として問題にある場合返還部分とするのが一般
的だと思うけど。

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)