5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

行政書士だけど議論したいことある?《議論編》

246 :無責任な名無しさん:04/04/12 22:40 ID:SS0zZl9C
>>244の基地概さん

>ところで司法書士は定款、遺言状、払込金保管証明書など法律上作成不可
>登記に付随する書類に含まれないとされている。

はい。またそうやって市民だまして金ふんだくってるんですねー。ほれ。

◎ 司法書士の業務の範囲
  (昭和三十九年九月十五日 民甲第三一三一号 民事局長回答)
 行政書士法の一部を改正する法律(昭和三十九年六月二日法律第九三号)により同法第
十九条第一項ただし書き中の「及び正当の業務に附随して行なう場合」の規定が削除され
たことにより、司法書士が従来受託していた権利に関する書類(例えば、売買契約書、各
種契約証書等)及び事実(住所、氏名、資産等)証明に関する書類の作成はすべて行政書
士の業務の範囲に専属するものであって、司法書士が取り扱うものでないとの行政書士会
の見解であるが、これに対し司法書士は、法の示すとおり他人の嘱託を受けて、その者が
裁判所、検察庁、法務局及び地方法務局に提出する書類を代わって作成することを業とす
る者であって、これらの官庁に提出する訴状、告訴状、登記申請書等の作成は勿論これら
に添付を必要とする書類、若しくは上記書類交付請求書(例えば売買契約書、各種契約書、
証拠写の作成、住所、氏名、租税、公課の証明願、戸籍の謄抄本交付請求書等)の作成は
司法書士の業務範囲に属する。
 しかして、右官庁以外の官公署団体等へ提出する各種願書、届書、事実申立書及び前記
に記載の官庁へ提出しない各種契約書類の作成は行政書士の業務の範囲に属するとの解釈
が司法書士会にあるが、これについて行政書士法第十九条第一項の改正規定にかかわらず
司法書士の取り扱う業務範囲に関しては、従来と何等異なるところがないものと考える。

お前達みたいな低脳が定款や遺言状扱ってること自体が問題だと思うけどな。

232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)